忍者ブログ
コメント返信わかりにくいけどRe:てのは大体そうです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



勇者ああああの冒険。

~最終回 魔王ゲリを倒せ!そして勇者は帰還する~


「ふはははは!!その程度か!!」

魔王ゲリの猛攻にすでに3人の仲間は息絶えてしまった。
残っているのは勇者ああああだけだ。
しかしそのああああでさえも残りHPは87。
このままでは相手を倒すどころかダメージすら与えられずにやられてしまうだろう。
絶体絶命。まさに絶体絶命であった。
「どうした!!立て!!立って戦え!!ああああ!!」
しかしああああには立ち上がる気力はなかった。
いいいいとううううとさかもとがやられてしまうとは想像もしていなかったのだから当然だ。
彼は今まで仲間に頼りすぎていたことを今、思い知らされた。
「もう立つ気力もないのか!!このふぬけめ!!死ね!!」
魔王のとどめの攻撃がああああに飛んでくる。
もう、死ぬんだな。
ああああは心の中で思う。
俺がちゃんと戦っていればいいいいもううううもさかもとも死ななかっただろうに・・・。
後悔先に立たず。目を閉じて魔王の攻撃を受け入れる。
「それでいいのか!!ああああ!!」
・・・・・・。
「お前が魔王を倒さねば、この国は・・・いや、世界は滅んでしまうのだぞ!!」
・・・・・・?
「村ではお前を心配している者もいる。お前の母や父、教会の神父、そして・・・・・・王様だ」
王様。
王様が俺を待っている。
そう思うと何故か、体に力が戻った気がする。
立ち上がり、魔王ゲリの攻撃を正面に捕らえる。
その姿を見て、魔王ゲリの表情、いや全身は喜びに打ち震えた。
「クハハハハ!!いいぞ!!そうだ!!抵抗しろ!!逆らえ!!そして己の弱さを思い知るがいい!!」
魔王ゲリのおぞましい声が聞こえる。
だが今のああああにはそれは何の恐怖も与えなかった。
魔王ゲリの指が、手が、腕が、全身が飛んでくる。
食らえば即死。しかし食らわなければどうということはない。

魔王ゲリは油断していた。

ああああは瞬時に身をかわし、彼の背後を取る。

かわされるとは思っていなかった魔王ゲリに一瞬の隙ができる。

ああああは見逃さなかった。

己の体に残る全ての力を解放した。

そして・・・思いっきり殴る。

彼の拳は魔王ゲリの体を貫いた。

彼は容赦しなかった。

体を反転させ、顎にアッパーカットを決めるとともにジャンプ。

宙に浮いた魔王ゲリをそのまま下へ蹴り飛ばす。

轟音を立て地面に墜落した彼の体に、最後の一撃を放り込む。

目標は頭。

ああああの右手が白く輝き、そして火を纏う。

魔王ゲリの苦痛にゆがんだ表情にその拳を思いっきり叩き込んだ。

オーケストラが最後の一音を奏でたときのような爆音。そして静寂。

全ての戦いは終わった。

不意に押し寄せる疲労に耐え切れず、ああああはその場に倒れ込んだ。

次に目覚めたときは、自宅のベッドにいた。



彼を自宅まで運んでくれたのは、一人の少年だった。
「とても大きな音が聞こえたから、魔王ゲリの城を見に行ったんだ。中にはいつもうじゃうじゃと魔物がいるはずなのに今日は一匹もいない。おかしいな、と思 いながら奥まで進んだんだ。そしたら魔王ゲリの死体の横に倒れてる人がいるじゃないか。何人かな・・・3人ぐらいの死体があって、どれもぐちゃぐちゃに なっていたんだ。僕は怖かったけど、魔王ゲリが死んだことを確かめに行ったんだ。そしたら横で倒れてる人がまだ息をしているじゃないか。きっとこの人が倒 したんだ。僕はすぐわかったよ。僕より体はうんと大きかったけど、疲れきって全然動かなかったから村まで運ぶのは簡単だった。村に行くと、僕のおじいちゃ んがこの人の家を占ってくれた。じいちゃんの占いは当たるからね。僕は友達と家まで運んであげたのさ」


ああああは、久しぶりの休息に、不思議な感覚を覚えた。
彼の体は、戦う体になってしまっていたのだろう。
魔王ゲリを倒した直後なのに、不思議と体は戦いを求めていた。
友人に頼み、軽く手合わせをしてもらうが、ただの村人では相手にならなかった。
父とも手合わせをしたが、こちらが手加減をしても父の動きは話にならなかった。
その時父はこういった。
「子が親を超える・・・これほどうれしいことがほかにあるか」

ああああは城へ向かった。
もちろん、王様に会うためだ。
王様の部屋へ向かうと、彼は一人で待っていてくれた。
「お疲れ様、ああああ」
それだけで充分だった。
ほかに何もいらなかった。
愛する人にねぎらってもらう・・・これほどうれしいことがほかにあるだろうか。
ああああは王様と二人で夜を明かした。




fin








俺何してんだろ・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ask
性別:
男性
職業:
糞野郎エリート候補生
自己紹介:
京都で穀潰してます。

Twitter




STEAM

Negitaku


CyAC
SteamCard
Twitter
Twitter ブログパーツ
osu!
ブログ内検索
最新コメント
[05/13 backlink service]
[07/10 のん]
[02/24 unnamed]
[02/13 ありたみかお]
[01/14 sukaru]
カウンター
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]